NEWS

シンガーソングライターFiJA がデビューシングル「Painkiller」をデジタルリリース!本人からのコメントも到着

投稿日:

日本とフィリピンにルーツを持ち、ソウルフルな楽曲から儚く繊細な楽曲まで 幅広く歌い上げる新進気鋭シンガーソングライターのFiJA(フィージャ)が自主プロジェクト・Project FiJAからデビューシングル「Painkiller」を2020年3月19日(木)にデジタル配信を開始する。

今回初となるソロアーティストとしての楽曲「Painkiller」はセッションバンドを通じて出会ったミュージシャン(Beats&Keys Hiroshi Oshio、Guitar:Yusuke Goto、Bass:Shota Oyama)と共に制作しており、モダンとオールドスクールR&BのミクスチャーによりFiJAならではの世界観を表現している。

また全体的に重低音なベースラインが印象的でありながら、ジャジーかつ、メロウグルーヴな歌声、ギターとキーボードのキャッチーなメロディーで儚い雰囲気 に仕上がっている。

今回リリースされる「Painkiller」は、FiJA(フィージャ)本人とも親交が深い、フォトグラファーのKOTETSUがジャケット写真を担当している。

FiJAによる楽曲コメント

大切な人との関係性において、いくら考えても悲しみから抜け出せない時期が ありました。そんな状況や関係性を良くしようとして、Painkiller(痛み止め)になりたいという気持ちになる日々が続きました。”痛み”というのは相手にとってだけではなく、自分に対しても感じることであり、答えや出口が見つからず、このまま 傷口を見て見ぬ振りするという決断の方がいいのではないか。せめて痛みだけ でも忘れられたらと思う、そんな経験からこの楽曲が出来上がりました。初の ソロプロジェクトに協力してくれたのはセッションを通じて出会ったミュージ シャン達で、音や会話を通じて、私の世界観を理解して、一緒に作ってくれました。 ジャケット写真は親友でもあり、フォトグラファーの KOTETSU によるものです。急に依頼したのに関わらず私の求めているヴィジュアルを完璧に表現してくれ ました。初となるオリジナル楽曲ですが、手を貸してくれたに人達により、音からもヴ ィジュアルからもこの楽曲の世界観を楽しめるものになったと実感しています。

FiJA

都内在住シンガーソングライター。アメリカ留学でのゴスペル聖歌隊経験から 日本帰国後もSoul、Funk、R&Bに入り込み「ミチノウエ michinoue」という路上パフォーマンス集団のメンバーとして、SHIBUYA FASHION AWARDなど様々なイベントに参加するほか、多種多様なアーティストと音楽セッションを繰り広げたり、バックコーラス(Josiah Hawley)としても活動中だ。

Just Friends - Musiq Soulchild (FiJA cover)

FiJA「Painkiller」
■2020年3月19日(木)デジタル配信
■レーベル/ProjectFiJA
■作詞/FiJA
■作曲/FiJA,HiroshiOshio,YusukeGoto,ShotaOyama
■配信先リンク/https://linkco.re/nDZzEnGG

-NEWS
-

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.