NEWS

台湾ティーカフェ「ゴンチャ」 一番人気の期間限定メニュー『ストロベリー ブラック ミルクティー』が登場。

更新日:

ゴンチャ

株式会社ゴンチャ・ジャパンは、これまで発売した期間限定メニューの中で最も人気のある『ストロベリー ブラック ミルクティー』を2020年2月5日(水)から全店で販売開始する。
2018年よりストロベリーを使用したメニューを毎年、期間限定で販売しており、ストロベリーの甘酸っぱい美味しさと、ベースティーとの相性の良さから、大人気のメニューだ。

『ストロベリー ブラック ミルクティー』は、最も人気のあるティーメニュー『ブラック ミルクティー』に濃厚なストロベリーソースを合わせた、まろやかな風味を楽しめるメニューで、また、人気の高いトッピングメニューである『ミルクフォーム』に、ストロベリーソースを加えた華やかな味わいの『ストロベリー ミルクフォーム』も同じく期間限定で販売される。
また、ストロベリーシリーズ第2弾として3月上旬より新たなティーメニューを販売する予定となっている。

■商品概要
■販売期間/2020年2月5日(水)~4月中旬(※終売日は予定。)
■販売店舗/全店
※以下、価格は全て税抜。
※画像はイメージ。

ストロベリー ブラック ミルクティー (Mサイズ・価格/470円)
香り高いブラックティー(紅茶)を使用したミルクティーに、濃厚なストロベリーソースを合わせた、まろやかな風味を楽しめるメニューとなっており、『ミルクフォーム』と『パール(タピオカ)』をトッピングすると、より濃厚な味わいともちもちとした食感が加わり、ぜいたくな一杯に仕上がる。

■メニュー展開/アイスメニューのみ・Mサイズのみ
■おすすめのトッピング/ミルクフォーム、パール(各70円)

ゴンチャ
ストロベリー ブラック ミルクティー
ゴンチャ
ストロベリー ブラック ミルクティー
ゴンチャ

■ストロベリー ミルクフォーム (価格/70円)
人気の高いトッピングメニューである『ミルクフォーム』の期間限定フレーバーは、ほんのりしょっぱい『ミルクフォーム』にストロベリーソースを加えて、見た目も味わいも華やかに仕上げている。
好きなドリンクにトッピングすることで、この時期にだけ味わえるカスタマイズを楽しむことができる。

■「ゴンチャ」について
上質な台湾ティーが、気軽に楽しめるカフェで、お茶の発祥地である中国では古来、希少だった最高品質のお茶を皇帝に献上するしきたりがあり、それは貢ぐ茶、「貢茶(ゴンチャ)」と呼ばれ、皇帝に大いに愛された。「ゴンチャ(Gong cha、貢茶)」というブランドには、中国皇帝が愛したような上質なお茶を、お客様に現代的に格式張らずに気軽に味わっていただきたい、という思いが込められている。ゴンチャは、そんな思いを持って台湾南部の都市・高雄で2006年に誕生し、現在、17の国と地域で1,100店舗以上を展開しており、日本では2015年東京・原宿表参道に国内1号店をオープンし、現在、東京都市圏(1都3県)を中心に静岡県、愛知県、大阪府、広島県、福岡県、沖縄県にて56店舗を展開している。(2020年1月31日現在)

■4種類のベースティー
「ゴンチャ」には、大切な4種類のベースティーがある。この4種類のティーをベースにミルクティーや『ミルクフォーム』をあわせた『ゴンチャ スペシャル』等のメニューを展開している。

ゴンチャ

・『ジャスミン グリーンティー』
華やかな香りで優雅な気分を楽しめるグリーンティー。
・『ウーロンティー』
代表的な台湾ティーの一つで、香ばしさとコクが特徴。
・『ブラックティー』
深みのある味わいが特徴の香り高い紅茶。
・『阿里山 ウーロンティー』
台湾のお茶どころ、阿里山(ありさん)で栽培された、すっきりとしながらも甘みを感じられる黄金色のウーロンティー。

ゴンチャ

「ゴンチャ」では、厳選された高品質の茶葉を使用し、店舗で丁寧に抽出しており、香りや風味がとても繊細な台湾ティーの美味しさを味わっていただくために抽出時の湯温や抽出時間を茶葉ごとに変え、香りや鮮度に拘った一杯を提供している。また、トッピングの『パール(タピオカ)』や、『ミルクフォーム』等も 本場・台湾直伝のレシピで店舗にて丁寧に調理している。

ゴンチャ

トッピングは、『パール(タピオカ)』、『ミルクフォーム』、『ナタデココ』、『アロエ』、『グラスジェリー』、『バジルシード』の6つの中から一杯につき最大3つまで選ぶことができ、ドリンクの甘さや氷の量など、好きなようにカスタマイズすることができる。

Gong cha

-NEWS
-,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.