OUTDOOR

WSLチャンピオンシップツアー2019第6戦「Corona Open J-Bay」五十嵐カノアは5位で終える

投稿日:

WSL CT2019 Corona Open J-Bay
© WSL / Sloane

南アフリカのジェフリーズ・ベイで開催されていたWSL(World Surf League)主催の世界最高峰の大会CT2019(チャンピオンシップツアー)の第6戦「Corona Open J-Bay(コロナ オープン Jベイ)」が閉幕。ブラジルのガブリエル・メディーナが優勝した。日本人で唯一WSLにフル参戦している五十嵐カノアは準々決勝で敗退し、前戦に続いて5位フィニッシュとなった。

コンディション不良により当初予定より大幅にスケジュールがずれ込んだ2019年のJベイ。五十嵐カノアはシーディングラウンドから順調に進み、準々決勝まで進んだが、イタロ・フェレイラ(ブラジル)に敗れた。前戦に引き続き5位となった五十嵐だが、ポイントランキングでは5位をキープしている。

WSL CT2019 Corona Open J-Bay
前戦に続き5位フィニッシュとなった五十嵐カノア。7月27日からはチャンピオンシップツアーとは別に地元ハンティントンビーチで開催されるQS10,000の大会「Vans USオープン」に出場する。現在このUSオープンを2連覇中の五十嵐。3連覇に期待がかかる。
© WSL / Sloane
WSL CT2019 Corona Open J-Bay
準々決勝で五十嵐を下したイタロ・フェレイラ。決勝ではガブリエル・メディーナに敗れ2位となったが、ポイントランキングでは5位に浮上。
© WSL / Sloane
WSL CT2019 Corona Open J-Bay
Jベイを制したガブリエル・メディーナは今季初優勝。調子をあげてきた。
© WSL / Sloane
WSL CT2019 Corona Open J-Bay
ポイントランキングトップのコローヘ・アンディーノ(アメリカ)は3位フィニッシュ。ランキングトップもキープしている。
© WSL / Sloane
WSL CT2019 Corona Open J-Bay
女子の優勝は、ランキングトップをひた走るカリッサ・ムーア(ハワイ)。
© WSL / Tostee

チャンピオンシップツアー次戦「タヒチ・プロ チョープー」は、2019年8月21日にタヒチで開幕する。

◾️World Surf League
text:Ryo Tsuchiyama

-OUTDOOR
-, ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.