OUTDOOR

肌に貼って、紫外線の強さを計測できるUV感知シール

投稿日:

LogicInk UV(ロジックインクUV)

アメリカのLogicInk Corporationが開発した日本初上陸のUV感知シール「LogicInk UV(PAT.  ロジックインクUV)」を、東京のテック・パワー株式会社が国内企業向けに提供を開始した。

この「LogicInk UV」はウェアラブルの肌センサーで、肌にシールを貼るだけで、それまで浴びた紫外線の蓄積量を表示し、WHO(世界保健機関)のデータに基づいた一日に浴びても安全な紫外線量の限度を知らせてくれるというもの。

LogicInk UV(ロジックインクUV)

紫外線強度は二重のリングから形成される円形のシールでチェックできる。シールの内側のリングがリアルタイムでの紫外線の強度を示し、強度に応じて白からピンクへと変化する。外側のリングは一日の紫外線の蓄積量を示しており、蓄積量に応じて青からピンクへと変化。外側のリング一周分が一日に浴びても安全な紫外線の量の限度を示すという仕組みだ。また、紫外線の強度をリアルタイムで表示できるので、いま浴びている紫外線強度と、それまでに浴びた紫外線の蓄積量を一目で判断できる。

レジャーやアウトドアアクティビティなど、紫外線が気になるシチュエーションで役立つウェアラブルアイテムだ。

◾️テック・パワー株式会社

-OUTDOOR
-

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.