OUTDOOR

WSLチャンピオンシップツアー第5戦「Oi Rio Pro」、五十嵐カノアは5位に。

投稿日:

2019年6月21日からブラジル・リオデジャネイロのサクアレマで開催されていたWSL(World Surf League)が主催する世界最高峰の大会CT2019(チャンピオンシップツアー)の第5戦「Oi Rio Pro(オイ リオ プロ)」。男子は地元ブラジルのフィリッペ・トレド(Filipe Toledo)が、女子はオーストラリアのサリー・フィッツギボンズ(Sally Fitzgibbons)が優勝した。

日本人で唯一のチャンピオンシップツアーへフル参戦している五十嵐カノアは、準々決勝でフィリッペ・トレドに敗れ、惜しくも5位となった。

CT2019 Rd5 Oi Rio Pro_final
準々決勝まで順調に勝ち進んだ五十嵐カノアだったが、地元のトレドに破れる。
© WSL / Poullenot
CT2019 Rd5 Oi Rio Pro_final
Oi Rio Proの会場となったブラジル・リオデジャネイロのサクアレマ。
© WSL / Diz
CT2019 Rd5 Oi Rio Pro_final
エアリアルをメイクするフィリッペ・トレド。
© WSL / Diz
CT2019 Rd5 Oi Rio Pro_final
2019年第3戦バリで優勝し勢いに乗る五十嵐カノアの豪快なフローター。第5戦を終えて総合ランキング5位につける。
© WSL / Poullenot
CT2019 Rd5 Oi Rio Pro_final
現在ランキングトップのジョンジョン・フローレンス(John John Florence)。準々決勝まで進んでいたが、負傷のため欠場。ただ、ランキングトップはキープしている。
© WSL / Poullenot
CT2019 Rd5 Oi Rio Pro_final
女子で優勝したサリー・フィッツギボンズは今季初優勝。ランキングでもトップに躍り出た。
© WSL / Diz
CT2019 Rd5 Oi Rio Pro_final
Oi Rio Pro を制したフィリッペ・トレドとサリー・フィッツギボンズ。次のチャンピオンシップツアー第6戦は、2019年7月9日から南アフリカのジェフリーズ・ベイ(Jベイ)で開催される。
© WSL / Poullenot

◾️World Surf League

-OUTDOOR
-,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.