OUTDOOR

バックパックの横におひとつ。「MARTIN The Backpacker Guitar」

更新日:

 ビートルズとはっぴいえんどにハマった高校時代。ギターは常に、私の側にありました。同じ頃、キャンプの楽しさにも開眼。20代は徒歩や自転車で、よくキャンプに出掛けるようになりました。

 そんな古き良き時代。とあるアウトドア雑誌に紹介されていたのが、このギター。ザックの横に収まる程のコンパクトさに一目惚れし、すぐに楽器屋に行きましたが、人気で品切れ続き。

 ほとぼりが冷めた頃にようやく手に入れて弾いてみると、何とも控え目な音。海辺では風と波の音に飛ばされてしまい、自分にしか聴こえないくらいの音量なんです。

 でも、だからこそバックバックを背負ったひとり旅には丁度良いんですよね。ソロキャンプに大音量のギターは似合いませんから。

Martinが1991年に発表するや「バックパッキング用」と云う斬新なコンセプトから、アウトドア好きからミュージシャンにまで大人気に。後にボディを大型化してサウンド面を改良し、ピックアップ付きやナイロン弦仕様が造られた。写真はスリムなボディの初期型でMartinのロゴが何処にも入っていない。

TEXT&PHOTO:Akihiro Yafune

-OUTDOOR

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.