MUSIC

羊文学、2020年2月5日に「ざわめき」のリリース決定! 恵比寿と大阪・梅田にてワンマンライブも開催

更新日:

羊文学

オルタナロック・バンド、羊文学が、2019年12月4日(水)に「1999 」を含むクリスマスシングル(生産限定盤)のリリースをする予定だが、新たに2020年2月5日(水)に新作「ざわめき」のリリースと、恵比寿LIQUIDROOMと梅田Shangri-laでのワンマンライブ「はばたき」の開催が決定した。

今回リリース&ワンマンライブが決定した「羊文学」は、2012年に5人組コピーバンドとして結成し、受験のための活動休止と数回のメンバーチェンジを経て、2017年2月に現在のヴォーカル/ギターの塩塚モエカ、ドラムスのフクダヒロアとベースのゆりかというメンバーで構成され東京・下北沢を中心に活動し、2016年にShimokitazawa Sound Cruising、FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE A GO-GOなどに出演している。90年代のオルタナティヴロックなど多くの音楽から影響をうけ、重厚なバンドサウンドと、意思のある歌声が特徴的なオルタナティヴロックバンドだ。

また、2019年11月29日に公開されたNHK for School内のコーナー「ほうかごソングス」にて、羊文学が月をテーマにした楽曲『ハロー、ムーン ~月へ行く~』ドリーミーな1曲を提供するなど話題は尽きない。

前作の「きらめき」に収録されている 「ロマンス」のOfficial Music Video
■羊文学EP『きらめき』 2019年7月3日 リリース( PECF-1174 felicity cap-311 )

今回リリースされる「ざわめき」は、前作の「きらめき」とは対を成す全5曲を収録し、これからの羊文学の新機軸を示す作品が完成した。
そして、2020年1月には東京・大阪でのリリースワンマンツアー「はばたき」の開催が決定し、2019年11月1日(金)からチケットのオフィシャル先行予約もスタートしている。また、東京(2020年1月31日恵比寿LIQUIDROOM)と大阪(2020年1月18日梅田Shangri-la)の2会場限定で、当日はCD「ざわめき」の先行販売もされる予定だ。

羊文学 New EP「ざわめき」
■リリース/2020年2月5日(水)

■羊文学EPリリースワンマンツアー「はばたき」
■チケット発売日/2019年11月23日(土)
 *小学生以下のご入場不可
■オフィシャル先行/2019年11月1日(金)12:00 ~2019年11月10日(日)23:59 https://w.pia.jp/t/hitsujibungaku/
■企画制作/DUM DUM LLP / SMASH CORPORATION

大阪
■開催日/2020年1月18日(土)
■場所/梅田Shangri-La
■時間/開場 18:00~・開演 18:30~( ALL STANDING)
■料金/前売3,500円(税込・ドリンク代別途必要)
■問い合わせ/06-6357-3666(清水音泉) https://shimizuonsen.com/
東京
■開催日/2020年1月31日(金)
■場所/恵比寿LIQUIDROOM
■時間/開場 18:30~・ 開演19:30~(ALL STANDING)
■料金/前売3,500円(税込・ドリンク代別途必要)
■問い合わせ/03-3444-6751(SMASH) smash-jpn.com

羊文学
塩塚モエカ(Vo.Gt)、ゆりか(Ba)、フクダヒロア(Dr)によるスリーピースロックバンド。2012年、高校一年生の時に結成。2015年11月に現ドラムフクダヒロアが加入。2016年FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE A GO-GO出演やカナダツアー(モントリオール、トロント、バンクーバー)「Next Music From Tokyo vol.9」に参加。その後、現ベースゆりかが加入。2017年10月、E.P.『トンネルを抜けたら』でデビュー。2018年2月、2nd E.P. 『オレンジチョコレートハウスまでの道のり』をリリース。また2018年7月には1stフルアルバムとなる『若者たちへ』をリリースする。12月5日、初のデジタルオンリーでのリリースとなるクリスマスソング「1999」が巷でスマッシュヒット中。様々な音楽から影響を受けた重厚なバンドサウンドと強い意思を感じられるボーカルが特長のオルタナティブロックバンド。

-MUSIC
-, , , ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.