MUSIC

CHANNEL ZERO part8-Reviewed by NICKE SVENSSON

投稿日:

テーマ: 色んな意味で自分にとってヘビーなアルバム

カントリーからJAZZ、SOUL、パンクまで問答無用の“超個人的”レコメンドミュージックをお届けします。The Music For Life!

Bajen Stockholm/ Kenta Gustafsson

今回選んだKentaは俺の人生のヒーローのひとりだ。2003年3月3日に他界してしまったけれど、ストックホルムでは俺たちの時代を代表する詩人だった。Kentaはここストックホルムの出身で、想像を絶するほどつらい人生を送った。60~70年代は路上でホームレスとして暮らしていた時期があったほどだ。でもその間もKentaは音楽を作っていた。そして1980年にようやくレーベルと契約をしてレコードをリリースすることができた。このアルバムはストックホルムのサッカーチーム、ハンマルビーIFについてのアルバム。Bajenっていうのはハンマルビーの愛称だ。2001 年にハンマルビーが初めて優勝したときは、Kentaが祝福ライブをした。俺たちは10日間ずっと酔っぱらったままだった。ホームゲームの時は毎回選手が入場するとJust idag är jag starkっていう曲を俺たちは歌う。サポーター30,000人の力でハンマルビーは強くなるんだ。こうやってこれからもずっとKentaの音楽は俺たちの中で残っていくんだ。RIP。

―Reviewed by Nicke Svensson
 From ROLLER magazine Vol.21

-MUSIC
-,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.