MUSIC

CHANNEL ZERO part6-Reviewed by JOSIE PEREZ

更新日:

テーマ:色んな意味で自分にとってヘビーなアルバム

カントリーからJAZZ、SOUL、パンクまで問答無用の“超個人的”レコメンドミュージックをお届けします。The Music For Life!

Songs Of Leonard Cohen/ Leonard Cohen

レナード・コーエンはカナダ出身の歌手、作曲家、詩人、小説家。彼の作品はつねに宗教、政治、隔離、セクシュアリティ、人間関係などを追求している。そして歌詞が素晴らしいの!
60年代、レナードはアンディ・ウォーホール主宰の“ファクトリー”に出入りしていたの。ウォーホールは、コーエンがNicoに影響されていたと考えていたようだけれど、私はそうは思わない。なぜかというと、Nicoは詩的に特に優れていたとは思わないから。でも、美しさと独特なスタイルは際立っていたのは確かだから、60~70年代のロックシーンにいた誰もが少しは彼女の影響を受けたはず。レナード・コーエンが歌ったり、詩を音楽に合わせて朗読したりするのを聴くと、私は毎回とてもノスタルジックな気持ちになって、我を忘れて聴き入ってしまうわ。
“So Long Marianne”という名曲はレナードが1960年にギリシャの島で出会ったマリアンヌ・イーレンという女性について歌ったロマンチックな歌。後にマリアンヌは彼のミューズとなるのだけれど、彼女のことをレナードは今までで会った女性の中で最も美しいと言っていたの。この曲は60年代で最も歌詞が美しい曲のひとつとされていて、私の一番好きな曲。でもレナードは亡くなってしまったわ。RIP、レナード。

―Reviewed by Josie Perez
 From ROLLER magazine Vol.21

-MUSIC
-, ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.