MOTORCYCLE

【ヴィンテージグッズコレクション Vol.4 / Newly Licensed Driver Plate】

投稿日:

Vespa(ヴェスパ)やLambretta(ランブレッタ)、そしてRabbit(ラビット)などヴィンテージの鉄スクーターにフィットする様々なアイテムを紹介する「ヴィンテージグッズコレクション」。

第4回目は、60年代のモッズカスタムでは定番のひとつである、「L」マークにまつわるパーツをご紹介。

Newly Licensed Driver Plate

モッズに関する写真集や書籍など、古い資料を開いたことがある方なら、彼らののスクーターに「L」の文字が貼られているのを見たことがあるはずだ。ここで紹介する「L」の文字が入った金属製プレートもそのひとつだ。

このプレートは「Newly Licensed Driver Plate」と呼ばれるもので、日本の初心者マークに相当する識別票だ。ただ、日本の初心者マークとは違って、イギリスで「L」マークをつけるのは仮免許運転者となる。

当時のモッズたちは、全員が仮免許運転者だった、というわけではないはずだが、彼らにとってはLマークのデカールをボディパネル前面に貼り付けることは定番カスタムだったようだ。さて、ここで紹介しているのは金属製のプレートだ。オーナーによればこれは四輪用とのことで、サイズも約20cm×20cmと大きめ。裏側には革のベルトが装着してあることから、車のフロントグリルや、バンパーに取り付けていたと思われる。

当時風のカスタムを目指すとき、こうしたヴィンテージパーツがあると、車両の雰囲気もグッと高まるもの。もちろん日本で探すにはそれなりなりの苦労が伴うが、それもまた楽しみのひとつなのだ。

Newly Licensed Driver Plate

owner:Ryo Mochizuki

photographs:Kotaro Yamada
text:Ryo Tsuchiyama

-MOTORCYCLE
-, , , ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.