MOTORCYCLE

世界40カ国から5000人が集まった「Vespa World Days」。2020年はポルトガルとインドネシアで開催へ

投稿日:

Vespa World Days 2019

ハンガリーのザンカで2019年6月9日まで開催されていた年に一度のVespa(ヴェスパ)の祭典「Vespa World Days 2019(ヴェスパ・ワールド・デイズ)」。Vespaオーナーズクラブがオーガナイズする世界最大規模のVespaイベントとあって、世界40カ国から約5000人の"Vespisti(ヴェスパ乗り)"が集結した。

当日はザンカ市内でVespaによるパレードランも行われたというが、参加した台数はなんと3500台! 日本はもちろん、香港、カナダ、インドネシア、オーストラリア、イスラエルなど欧州以外からもVespa Clubメンバーがパレードを楽しんだ。

このほどVespaは、来年の「Vespa World Days」についても声明を発表。それによると、2020年の「Vespa World Days」は2020年6月2日から6月5日までポルトガル北西部の都市ギマランイス(Guimarães)と、インドネシアのバリ島(Bali)の2カ所で開催するという。欧州とアジア、2カ所での開催はこれまでも例がないが、インドネシアをはじめとするタイ、ベトナム、マレーシアなど東南アジア諸国でのVespa人気は相当なもので、イベントを開催すると1000台近くがすぐに集まるというから、来年のバリ島の「Vespa World Days」が相当に盛り上がることは間違いないだろう。

Vespa World Days 2019
Vespa World Days 2019
Vespa World Days 2019

photographs:Vespa
text:Ryo Tsuchiyama

-MOTORCYCLE
-, , ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.