MOTORCYCLE

2019 A.V.C.C. 1st Round/Photo Report part.1

投稿日:

2019年3月31日(日)に筑波サーキットでMCFAJクラブマンロードレースが開催され、今年も日本のヴィンテージレースシーズンがスタートした。
ここではHarley DavidsonやIndianが数多く集まるA.V.C.C.クラスの模様を写真でレポートする。

#50はZERO Engineering/竹内選手の'54 Side Valve(AVCC STOCK-B Class)。
写真右奥は同じくZero Engineering/牧田選手の'48 Pan Head(AVCC MDF-A Class)。
ism Bike-Service El Mirage/古山選手の'42 WLA750(AVCC MDF-B Class)。
FIRST ARROW'S HOT-DOCK/伊藤選手の'72 XR750(AVCC FSCR Class)。
Shovel HeadのオープンクラスとなるFSCR Classには4台のXRがエントリーしていた。
午前中のタイムアタック直前のパドック。天気予報では快晴......のはずがご覧の通りの空模様。
気温も上がらず、肌寒いなかでのタイムアタック開催となった。
#60はTOKYO INDIANS RACING CLUB/船水選手の'48 Big Base900(AVCC MDF-B Class)。
その後ろ#32はValley Auto Racing/土井選手の'51 WR750(AVCC MDF-B Class)。
El Mirage/三芝選手の'35 Sport Scout(AVCC STOCK-B Class)。
この日出走したマシンでは一番旧い。
Natural Steel Works/仁井田選手の'46 WL750(AVCC MDF-B Class)。
国内の有力ショップやプライベーターたちが同じ土俵で戦うA.V.C.C.のレース。
写真レポート第2弾も近日公開予定。

text&photo : Ryo Tsuchiyama

-MOTORCYCLE
-, ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.