LIFESTYLE

石灰岩が主原料。新素材「LIMEX」を軸材に使用した油性ボールペン

投稿日:

uni LIMEX

三菱鉛筆株式会社は、株式会社TBMが開発した石灰石を主原料として、原料に水や木材パルプを使用せずプラスチックの代替として期待されている新素材「LIMEX(ライメックス)」を用いた、油性ボールペン『uni LIMEX』を2019年9月27日(金)に新発売する。

プラスチック廃棄物をめぐる深刻な海洋汚染の問題が世界的にクローズアップされ、使い捨てプラスチックを規制する動きが強まる昨今。新発売されるボールペンuni LIMEXは新素材LIMEXをペン軸に使用している。この新素材LIMEXは石灰石を50%以上含む材料で、同型の従来品と比べると石油由来のプラスチックの使用量を大幅に削減することが可能だ。また、ペンの軸材にLIMEXを使用したのは三菱鉛筆が世界で初めてだという。

uni LIMEX
uni LIMEXの製造プロセス。

持続可能な社会を実現するための取り組みとして、これまで使い捨てられてきた日常品にも目が向けられ、環境負荷の少ない新素材が用いられる流れは今後さらに加速していくだろう。

uni LIMEX(ユニ ライメックス)
◾️品名/SD-LX-07
◾️ボール径/0.7mm
◾️インク色/黒
◾️価格/本体価格200円 + 消費税
◾️替芯/S-7S(本体価格60円+消費税)

-LIFESTYLE
-

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.