LIFESTYLE

ニューカレドニア「エアカラン」がエアバス最新機種A330neoを日本航路に初投入!

投稿日:

AIRCALIN / AIRBUS A330neo

ニューカレドニアの航空会社エアカランが、フランス・エアバス(AIRBUS)社製の次世代航空機「A330-900型機:A330neo」を日本路線「日本ーヌメア間」に導入。初のA330neoが、2019年8月10日に成田空港に到着して、ヌメアに向けて出発したことを発表した。これにより、エアカランは日本でA330neoを運航する最初の航空会社となった。

エアバス・A330neoは、最新機器が装備された最新鋭の航空機で、空力性能、新世代エンジン、新技術の搭載により、燃費効率が従来機と比べて約15%向上しているほか、キャビンでの快適性も大幅に向上している最新型旅客機だ。

AIRCALIN / AIRBUS A330neo

エアカランのA330neoでは、ビジネス・ハイビスカスクラス26席、プレミアムエコノミー21席、エコノミークラス244席の計291席を設けている。機内は、ニューカレドニアの自然環境をイメージしてデザインされた3つの異なる空間から構成され、各座席では大型HD LEDタッチパネル式パーソナルモニター、USBポート +ヘッドフォンソケット、110Vコンセントを備えるほか、機内でのWiFi接続(ビジネス・ハイビスカスクラス:無料アクセス、プレミアムエコノミー:1時間の無料アクセス、エコノミークラス:有料)も可能となっている。

AIRCALIN / AIRBUS A330neo
ビジネス・ハイビスカスクラス 26席
AIRCALIN / AIRBUS A330neo
プレミアムエコノミー 21席
AIRCALIN / AIRBUS A330neo
プレミアムエコノミー 21席
AIRCALIN / AIRBUS A330neo
エコノミークラス 244席
AIRCALIN / AIRBUS A330neo
エコノミークラス 244席

◾️AIRCALIN(エアカラン) https://jp.aircalin.com/jp

-LIFESTYLE
-,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.