LIFESTYLE

現代に蘇る茶室。新しい都市型旅館「茶室ryokan asakusa」

投稿日:

“都心の草庵として現代に蘇る茶室”を イメージした都市型旅館「茶室ryokan asakusa(チャシツ・リョカン・アサクサ)」が 、 2019年7月20日 ソフトオープンする。

場所は、浅草の仲見世などにぎやかな観光地の喧騒から少し離れ、花街の雰囲気が色濃く残る浅草観音堂裏エリア。
露地に見立てたエントランス、足湯のできる待合、にじり口を彷彿とさせる小さな扉から入る客室など、茶室をモチーフにした空間設計が特徴だ。

すべてデザインの異なる畳敷きの客室は、包み込まれるような落ち着き感のある空間。
季節を感じさせる掛花や、内と外を曖昧にする坪庭など、日本ならではの居室文化を体感できるよう工夫されている。

また、最上階には浅草スカイツリーを望む露天風呂が。下町のシティビューも楽しめる。

サービススタイルは、茶の湯で主人が客人をもてなすように“お節介”を貫く、というのがポリシー。浅草に住んでいるスタッフが、ローカル情報を提供してくれるのもうれしい。

建築デザインを担当したのは、自然と建築を一体的にとらえた設計で高い評価を受けている建築家・前田圭介氏。
日本文化や日本建築の魅力をたっぷりと堪能しよう。

■名称/茶室ryokan asakusa(チャシツ・リョカン・アサクサ)
■URL/https://www.cyashitsu.com/
■所在地/東京都台東区浅草3丁目32−12
■アクセス/地下鉄銀座線「浅草」駅、地下鉄浅草線「浅草」駅徒歩8分
     つくばエキスプレス「浅草」駅 徒歩7分

-LIFESTYLE
-,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.