LIFESTYLE

盗難防止バイクアラームも搭載。Garminの新世代サイクルコンピュータが登場

投稿日:

Garmin Edge530/Edge830

GPSデバイスのリーディングメーカーのガーミンジャパンは、2019年6月7日に発表したサイクルコンピュータEdgeシリーズの最新モデル「Edge 530(エッジ530)」と「Edge 830(エッジ830)」を2019年7月12日(金)に発売する。

「Edge 530」は「Edge 520J」の後継機種で、詳細地図データ(昭文社日本詳細道路地図)を搭載したトレーニングに最適なスタンダードモデル。「本体のみ」と「セット」の販売となり、「セット」には本体に加え、スピードセンサーDual/ケイデンスセンサーDual、HRM-Dualが付属する。

もう一方の「Edge 830」は「Edge 820J」の後継機種で、フルスペックナビゲーションを搭載した幅広いライドに対応するハイスペックモデルだ。販売は「セット」のみで、本体に加えてスピードセンサーDual/ケイデンスセンサーDual、HRM-Dualが付属している。

いずれのモデルもバイクアラーム機能や事故検出機能、通知&コミュニケーション機能、各種測定機能を備えており、稼働時間はGPSトレーニングモードで最大で20時間となる。

Garmin Edge530/Edge830

Edge 530(エッジ530)
◾️価格/本体のみ:3万7800円(税別) セット:4万7800円(税別)
Edge 830(エッジ830)
◾️価格/5万7800円(税別)

-LIFESTYLE
-,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.