LIFESTYLE

『コーチェラ2019』で新星R&Bシンガー、カリードがBMWとコラボ。特別仕様のBMW i8が登場

投稿日:

アメリカ・カリフォルニア州の砂漠地帯で2019年4月12日から4月21日まで開催されているアメリカ最大の野外フェス「コーチェラ2019(Coachella Valley Music and Arts Festival)」。1999年にスタートしたこのイベントは、音楽とアートが融合した独特の世界観で人気を集めている野外フェスで、近年は数多くのビッグアーティストが出演することもあって数十万人の観客を集めるほど。また、毎年世界中から会場を訪れるセレブをはじめとした来場者たちの個性豊かなファッションが大きな話題になることでも知られている。

今年のコーチェラでは、アメリカで人気急上昇中のR&Bシンガー、カリード(Khalid)が「BMW i」とコラボし、特別仕様のBMW i8 Roadsterが会場に持ち込まれている。

Khalid Profile
Khalid:カリード/1998年2月11日生まれのR&Bシンガー。2017年3月に発表した1stアルバム『アメリカン・ティーン』が全米アルバムチャート最高4位を記録して大ブレイク。2018年1月の第60回グラミー賞では「最優秀新人賞」を含む5部門にノミネートされた期待の新星。2018年10月には初来日を果たし一夜限りのライブも敢行。2019年春には2ndアルバム『Free Spirit』を発表、Billboard 2000で初登場1位を記録し、初の全米首位も獲得した。日本盤の 『Free Spirit』 は2019年4月24日発売予定。
カリードのニューアルバム『Free Spirit』をフィーチャーした特別仕様のBMW i8 Roadster(ロードスター)。
BMW i8 Roadsterは、プラグインハイブリッドスポーツカーBMW i8のオープンモデルとして2018年に発売。今回のカリードとのコラボレーションでは、ボディ全面に『Free Spirit』の世界観を体現するグラフィックが施されている。

今回のコラボレーションについてカリードは「ドライブは大好きで、LAから故郷のエル・パソまで12時間かけてよくドライブするんだ。BMW i8は自由の精神を形にした特別な1台だね。ドライブしながら音楽を聴いているときは本当に自由を感じられる。僕はみんながドライブするときに窓を開けてボリュームを上げたくなるような音楽を作るのが本当に好きなんだ」と語っている。

もちろんカリードもコーチェラ2019でパフォーマンスを披露。これまで楽曲でコラボしてきたビリー・アイリッシュらもステージに登場するなど、自身初のコーチェラ出演は大盛況だったようだ。

コーチェラとはオフィシャルパートナー契約を結んでいるBMWは、2017年からコーチェラをサポート。2018年にはポートランドを拠点にするバンド「Portugal」のフロントマン、ジョン・ガーリー(John Gourley)がデザインしたBMW i8とi3を会場に持ち込んだ。

2018年のコーチェラでジョン・ガーリーとコラボしたi3(左)とi8(右)。

自動車をキャンバスに見立てて自由にデザインさせる……一見すると突拍子もないプロジェクトだが、1970年代から自動車とアートを結び付けたプロジェクト「BMW Art Car」を展開しているBMWからすれば、こうしたコラボレーションは自然なものなのだろう。

さて、世界のフェス好きが憧れるコーチェラ2019は4月21日にフィナーレを迎える。BMWはInstagramでも今回のコラボレーションを拡散中。#RoadToCoachellaのハッシュタグでは熱狂する現場の空気や、会場の人気撮影スポットと化したカリードとのコラボモデルの様子もうかがえる。

photo : BMW
text : Ryo Tsuchiyama
#RoadToCoachella

-LIFESTYLE
-, , , , , , ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.