FOOD

おなかいっぱいになる3日間、「おこめまつり」開催!

更新日:

おこめまつり

株式会社エヌケービーと株式会社ぐるなびは、グランフロント大阪ショップ&レストランにおいて、Umekiki Marcheの特別企画として10種類のお米とおかずを楽しむ食のイベント「おこめまつり」を2019年11月1日(金)~11月3日(日)の3日間で開催する。

今回行われるUmekiki Marcheは、「つくり手と、なじみになる」をコンセプトに2016年から定期的に開催している都市型マルシェで、今回で17回目を迎える。ふだんは新鮮な青果品や加工品を販売するマルシェだが、今回は趣向を凝らしており「おこめ」をテーマに自治体や生産者の選りすぐりのお米や、グランフロント大阪での飲食店のシェフがこの日のために考案したお米に合うオリジナルメニューを限定販売する。

炊き立てのお米は、おかずのバランスに合わせて量を選べたり、利き米セットも用意されているなど、おかずやメニューが多彩なので自分好みの定食を作って楽しむことができる。炊き上げは最高峰モデルの炊飯器「Wおどり炊き」(パナソニック株式会社)VSXシリーズを使用し、50銘柄のお米を炊き分ける「銘柄炊き分けコンシェルジュ」でお米の個性を最大限に引き出した、米どころも認めるごはんを味わうことができる。(会場では10種類のお米を振舞われ、その内5種類を「Wおどり炊き」で炊き上げる)

食せるお米
「ゆめぴりか」(北海道)粘り気が多く、もちもちとした食感と甘みをもつ。
「あきたこまち」(秋田)粘り、甘みや旨みのバランスが良く風味がある。
「雪若丸」(山形)粘り気としっかりとした粒感をもつ。
「ひとめぼれ」(福島)適度な粘り気と優しい口当たり。
「天のつぶ」(福島)食べ応えのあるしっかりとした食感をもつ。
「新之助」(新潟)大粒で味にコクと厚みがある。
「いちほまれ」(福井)粒の弾力や適度の粘りがあり優しい甘さをもつ。
「村岡米」(兵庫)香りと甘みが豊かでふくよか。
「農樹コシヒカリ」(京都)強い粘りと香りをもつ。
「土佐天空の郷 にこまる」(高知)もちもちとした食感や甘みをもつ。

お米に合うメニューを提供する飲食店
■Bar Espanol LA BODEGA(バル エスパニョール ラ・ボデガ)
■鶴橋 焼肉 白雲台
■Italian Bar PIENO festa(イタリアンバール ピエーノ フェスタ)
■世界のビール博物館
■世界のワイン博物館
■Cafe&Meal MUJI(カフェ&ミール ムジ)
■Lis Larry(リズ ラリー)

おこめまつり

「おこめまつり」開催概要
■開催日時/2019年11月1日(金)~11月3日(日)11:00~20:00(※最終日のみ19:00終了・雨天決行、荒天中止。)
■料金/入場無料、飲食は自己負担
■会場/グランフロント大阪 うめきた広場(大阪市北区大深町4-1)
■主催/グランフロント大阪 ショップ&レストラン、株式会社エヌケービー
■協力/株式会社ぐるなび
■協賛/パナソニック株式会社

-FOOD
-, , ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.