FOOD

瀬戸内素材に特化したクラフトビールが300本限定で10月28日登場!

投稿日:

広島県福山市の地ビール醸造所クラフトハート・ブルワリーは、2019年10月28日(月)から「瀬戸内レモン&ソルトビール」を300本限定で販売する。
この「瀬戸内レモン&ソルトビール」は、クラフトハート・ブルワリーの定番ビールである「瀬戸内レモンエイル」と、瀬戸内の天然海水塩を使った「仙酔ドラフト」の累計販売10万本突破を記念して開発されたビールで、2種類のビールの特徴を生かした、新たな瀬戸内名物を目指している。

世界的にも珍しい「ゴーゼビール」というビアスタイルで醸造

また、その醸造工程は世界的にみても珍しい、レモンと塩の特徴を活かす「ゴーゼビール」というビアスタイルで醸造している。ドイツのゴスラーという地域が発祥のビアスタイルで、塩を加え香りづけをして乳酸菌発酵で醸造するのが特徴だ。そして、そこに瀬戸内レモンの香りを加えて心地よい味わいに仕上げている。

瀬戸内レモン&ソルトビール

■瀬戸内レモン&ソルトビール
■内容量/330ml瓶
■販売本数/300本のみの限定販売
■販売先/オンラインショップ https://craft-heart.com/ 
 ハートピア各店舗・JR広島駅 お土産街道ekie(※予定 )

■株式会社ハートピア

-FOOD
-, , ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.