FOOD

世界の屋台料理を楽しむ「ストリートフードフェスティバル」がスイスホテル南海大阪で開催

投稿日:

ストリートフードフェスティバル

大阪市中央区の「スイスホテル南海大阪」の最上階レストラン「タボラ36」で、世界各国の屋台料理を集めたランチブッフェ「Street Food Festival」が2019年7月26日(金)から開催される。

アメリカのテキサス州にある「Ming​​’s Thing Noodle Bar」のオーナーシェフのミン・チエンと、カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカの教授で、「Street Foods」の著者であるシェフ ヒンネルク・フォン・バルゲンをゲストシェフに招き、日本ではなかなか味わう事のできないメニューを多数用意している。

ストリートフードフェスティバル
ストリートフードフェスティバル
ストリートフードフェスティバル
ストリートフードフェスティバル

【メニュー例】
チリ産マグロのセビーチェ(チリ)/マグロとゴートチーズのエンパナーダ(スペイン)/グリル野菜 ロメスコソース(スペイン)/ラディッシュサラダ ポーククラックリング(グアテマラ)/ロースト茄子のピューレ ヨーグルトとクルミ(トルコ)/ルタバガシチュー(ドイツ)/コーンドッグ(アメリカ)/オニオンケーキ(ドイツ)/軸付きコーンのグリル(メキシコシティー)/ケサディーヤ サルサ(メキシコ)/オレンジ風味のチキンウイング(中国南部)/牛ほほ肉 トライプとスペイン産チョリソー(スペイン)/カジキマグロのケバブ ローストポテトサラダ(イタリア)ユッカフライ スパイスガーリック、インサイとライム(南アメリカ南部)/スパイシーフライドフィッシュ スパイシーシュリンプペーストサンバル、ネギとインサイ(マレーシア)/シャシリク 豚肩肉のケバブのトマトとパプリカソース煮込み(ドイツ)/ティッカマサラマリネのグリルチキン ミントチャツネ(インド)/“カリーブルスト”スライスソーセージ入りスパイシーカレー/ムング豆とライスのクレープ/マニオク粉で揚げたバナナ/豚肉の蒸し饅頭/豚ばら肉のスモーク、ドイツ風コールスローとカレードレッシング入り蒸し饅頭/冷製四川風ヌードル豚ばら肉と共に/“MaLa”スイートポテトヌードルボール/シトラスクリーミィーライス/マンゴーとミントのアイスクリーム/ココナッツメレンゲのサンドイッチ/アボカドとリンゴのスムージー/フローズンミントレムラード/レモンアクアフレスカ、チアシードと共に/ホットティーパンチ/東南アジアスタイルバブルアイスティー

スイスホテル南海大阪 Street Food Festival
◾️期間/2019年7月26日(金)~8月4日(日)
◾️時間/11:30分~15:00(14:30分 ラストエントリー)
◾️料金
 平日 大人4200円、小人(4-12才)2100円
 土日祝 大人4800円、小人(4-12才)2368円
 *上記料金には、サービス料および税金を別途加算

-FOOD
-

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.