FASHION

コロンビアスポーツウェアの会長ガート・ボイル氏が死去

投稿日:

Columbia / Gert Boyle

米国本社コロンビアスポーツウェアカンパニーの代表取締役会長であるガート・ボイル(Gert Boyle)が 2019年11月3日に95歳で死去した。

コロンビアスポーツウェアのガート・ボイルは、マルチポケットフィッシングベストなどに代表される商品開発から社長としての業務、さらに「タフマザー」の愛称で親しまれ、またアイコンとして自ら広告に出演するなど、コロンビアブランドの発展のため多大な貢献をしてきた。

彼女の優れた知恵と知識は、70 年代初頭のコロンビア倒産の危機を救い、グローバルマルチブランド企業への躍進に多大なる役割を果たしてきた。それだけでなく、当時男性経営者が多かったアウトドア業界において女性リーダーとして50 年以上に渡ってリーダーシップを発揮してきた。

ガード・ボイルの死を受けて、コロンビアは
「50 年以上に渡りリーダーシップを発揮したガート・ボイルのユーモア溢れる人柄と卓越したビジネススキルは、我々コロンビアスポーツウェアカンパニーの社員に受け継がれ、そして今もなお愛され続けています。」
と声明を発表した。

この投稿をInstagramで見る

In memory of our Tough Mother, Gert Boyle 1924-2019

Columbia Sportswear(@columbia1938)がシェアした投稿 -

◾️関連サイト/コロンビアの生みの親、ガート・ボイル
◾️Columbia

-FASHION
-,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.