CULTURE

誰でも簡単にプログラムが組めるロボット「プログラミング・フォロ」が発売

投稿日:

プログラミング・フォロ for PaletteIDE

各種電子工作キットを手がける株式会社イーケイジャパンは、コミカルな動きと本格的な機構でロボット工作が楽しめる「フォロ」のプログラミング版「プログラミング・フォロ for PaletteIDE」を、2019年10月18日に発売する。

2018年3月に発売された「フォロ」は、赤外線レーダーを搭載して、前方のものを見つけて後をついて来たり、障害物をさけて前進することができるほか、音と光のエフェクトで感情を豊かに表現する6足歩行のロボット工作キット。

今回発売される「プログラミング・フォロ for PaletteIDE」は、「フォロ」のバージョンアップモデルで、プログラミングソフトは、無料のPaletteIDEに対応。マニュアルは無料でダウンロードできるので、プログラミングが初めてでも安心して楽しめる。Windows7.8.10がインストールされているパソコンで動作し、Windows搭載タブレットPCならタッチパネルでも操作可能なロボットだ。

プログラミング・フォロ for PaletteIDE
プログラミング・フォロ for PaletteIDE

プログラミングソフトの「PaletteIDE」は、ひとつひとつの命令をアイコンにして初心者でも簡単にプログラミングできるようにと開発したもの。プラグラムを作る際には、難しいプログラム用のコードを使うのではなく、カードを並べるようにカラフルなアイコンを並べるだけで誰でも簡単にプログラムを組むことができるので、自分の作りたいロボットの状況に合わせて、命令文を考え条件設定をすればプログラムは完成する。

プログラミング・フォロ for PaletteIDE
プログラムは「前進」「後進」「右回転」「停止」等多数あり、自分で動きをプログラミングした後、ケーブルでデータを転送するとプログラム通りにフォロが動き始める。
プログラミング・フォロ for PaletteIDE
プログラミング・フォロ 内部の仕組み
プログラミング・フォロ for PaletteIDE

駆動は単4アルカリ乾電池4本でOKのフォロは、大人からこどもまで幅広い年齢層が楽しめるロボットとして人気が出そうだ。

プログラミング・フォロ for PaletteIDE
◾️型番/MR-9110
◾️価格/7,500円(税抜)
◾️サイズ/約W150 × D150 × H175 mm
◾️重さ/300g
◾️使用電池/単4アルカリ乾電池 × 4本
◾️対象年齢/10歳以上
◾️工作時間/3時間
◾️工作に必要な工具:ニッパー、ドライバー(No.1)、ハサミ
 ※単4アルカリ乾電池4本とパソコンは別途必要。
 ※プログラミングにはパソコンやタブレットが必要。

-CULTURE
-,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.