CULTURE

「キットカット」の包装袋がプラスチックから紙へ変わる

投稿日:

新しい紙パッケージ(左)と従来のプラスチックパッケージ(右)

このところ世界中でクローズアップされている「プラスチックごみ」の問題。その問題解決に向けた取り組みとして、ネスレが販売するチョコレート菓子「キットカット(KitKat)」の主力製品・大袋タイプ5品の外袋がプラスチックから紙パッケージへ変更され、2019年9月下旬出荷分より切り替えが行われる。

世界最大の食品飲料企業のネスレは、2018年4月に製品の包装材料を2025年までに100%リサイクル可能、あるいはリユース可能にするというコミットメントを発表している。今回のキットカットのパッケージ変更もそうした取り組みの一環で、ネスレ日本では年間約380トンのプラスチック削減を見込んでいる。

また、紙パッケージへの変更を機会として、今までは廃棄されていたパッケージを使い、日本伝統の想いや願いを伝える象徴の「折り鶴」などをつくって大切な人に想いを伝える、という新しいコミュニケーションを開始する。

受験シーズンには受験生たちのお守りとしても普及している「キットカット」。紙パッケージへの変更を機に、折り鶴をつくって想いを伝える、というような新しいコミュニケーションを提案している。

◾️ネスレ日本株式会社

-CULTURE
-,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.