CULTURE

週末名画座 第6回 『バクマン。』描きつづける、ということ

投稿日:

2019年6月21日 金曜日、その週を思い返すのにピッタリな映画を提案する、『週末名画座』。仕事終わりの深夜、うとうとしはじめた頃が上映時間です。

『バクマン。』(制作年:2015年/監督:大根仁)

引用元: https://movies.yahoo.co.jp/movie/349125/

少年ジャンプで連載されていた『バクマン。』の映画版。漫画は約4年間「週刊少年ジャンプ」で連載され、全20巻のコミックスとなっている。一方、この映画版が公開されたのは連載終了の少し後だった。

高校生の主人公二人がひたすら漫画に熱中し、悩み、時には体を壊してまでも描き続けようとする姿を、佐藤健(作画担当のサイコー役)と神木隆之介(シナリオ担当のシュージン役)が熱演。ヒロインには小松奈々が、その他にも漫画家や編集者にリリーフランキーや宮藤官九郎、山田孝之、桐谷健太などなどなど…豪華としか言いようのない(ちょっともったいないくらいの)キャストが脇を固めた。2時間で全20巻分を描き切るのは難しいという監督の判断により、キャラクターやエピソードも絞られて制作された本作。登場人物の性格やエピソードが若干異なるものの、あくまで『バクマン。』が表現したいことに忠実に作られた構成は、原作ファンにも、そして映画ファンの記憶にも少なからず残っていると思う。また映画でプロジェクションマッピングが使われ、この当時ではとても珍しい試みでもあった。

引用元: https://www.youtube.com/watch?v=DgHDorUY_yw

そして、この音楽を担当したのは、サカナクション。劇中の音楽と主題歌である『新宝島』をつくっている。今日は正直、映画の話というより、この映画のために作られた『新宝島』という曲について少し言及したい。
(新宝島の歌詞→ https://www.uta-net.com/song/194538/

曲自体も大ヒットを記録し、この不思議なダンスと、昭和っぽいセットにさまざまなオマージュが込められたPVはこの時期ほぼ毎日なにかのメディアで目にしていたことだろう。(そして、このドリフ風のダンスを踊る人も続出していた)

そして、なによりもその歌詞もすごい。一番のサビまでをまずは聞いてみたい。

次と その次と その次と線を引き続けた
次の目的地を描くんだ
宝島

このまま君を連れて行くと
丁寧に描くと
揺れたり震えたりした線で
丁寧に描く
と決めていたよ


引用元:https://genius.com/Sakanaction-shin-takarajima-lyrics

「線を引き続けた」「次の目的地を描くんだ」「揺れたり震えたりした線」…この歌詞は、劇中でサイコーとシュージン、そしてほかの漫画家たちがひたすらに漫画を作り続ける姿と重なる。
誰かに認められるのかも分からないまま、それでも線を描き続け漫画をつくること、他の人と違う道を選び苦しむこと、描きすぎるがあまりに体を壊すこと、そして、どんなに描き続けても、夢がかなうわけではないということ。そんなことはハナから分かっているだろうに、それでも自分たちが描く線を信じ、それを道しるべにしていく主人公たちの「漫画を描くこと」、ひいては「なにかをつくること」への熱意と、すがるような思いと、創作意欲をこんなにシンプルな言葉で表していることに、映画のエンドロールでこの曲を聴きながらものすごい衝撃を受けた。

引用元: アマゾン

漫画を描く人に限らず、絵を描いたり、ものづくりにかかわっていたりする人を支えるのは、「描きたい」「つくりたい」といくらでも思ってしまう創作意欲だ。どんなに嫌気がさしても、どうしてもそれに関わっていたいと思わせる何かが、絵を描くことやものづくりが持つ魔力なのだろう。

けれど、自分の意志でそれを断つならまだしも、突然それが断たれる日が来るかもしれないと考えるとどうにもやりきれない。もっとつくりたいものがあったんじゃないか、描きたいものがあったんじゃないか。そして、私たちがそれをみて、心を動かされる瞬間があったかもしれないじゃないか、と。
今回の京都での火災のニュースを知ったとき、真っ先にこの『新宝島』の歌詞が頭をよぎった。亡くなられた人たちは、毎日どんな思いで丁寧に線を引きつづけてきたことだろう。次は、どんな線を描こうとしていたのだろう。私たちはそれを見ることはできないし、何より、彼らはそれを描くことがもうできない。こんなにも、残酷で悲しいことがあるだろうか? こんな簡単に、取り上げられていいものなんだろうか。

■netflix/ https://www.netflix.com/jp/title/80142036?source=35
■Google Play/ https://play.google.com/store/movies/details?id=R9z19e-UGg8
■youtube/ https://www.youtube.com/watch?v=R9z19e-UGg8

Text:ヤマグチナナコ

-CULTURE
-, , ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.