CULTURE

キヤノンの大口径望遠レンズ2本が「機械工業デザイン賞」を受賞

投稿日:

キヤノン_機械工業デザイン賞
EF600mm F4L IS III USM

キヤノン(Canon)のレンズ交換式カメラEOSシリーズ用の大口径超望遠レンズ「EF400mm F2.8L IS III USM」と「EF600mm F4L IS III USM」が、日刊工業新聞社主催の「第49回機械工業デザイン賞」において、努力が認められる優れた製品および将来性が期待される製品に贈呈される「審査委員会特別賞」を受賞した。

日本の工業製品におけるデザインの振興と発展を目的に1970年に創設された「機械工業デザイン賞」は、日刊工業新聞社の主催により、製品の機能や外観だけではなく、市場性や社会性、安全性など、さまざまな面から総合的な審査が行われるデザイン賞で、今回受賞したレンズ2本は、2018年12月に刷新されたキヤノンの最新レンズ。また、2018年10月にキヤノン電子株式会社が発売したドキュメントスキャナー 「imageFORMULA DR-G2140(※1)」も同賞を受賞した。

キヤノン_機械工業デザイン賞
EF400mm F2.8L IS III USM
キヤノン_機械工業デザイン賞

◾️キヤノン株式会社

-CULTURE
-, , ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.