CULTURE

ティンバーランドが 植樹活動「鎮守の森プロジェクト」 を実施

投稿日:

Timberland CSR活動

アウトドアライフスタイルブランド、ティンバーランド(運営会社:VFジャパン株式会社、代表取締役社長:ショーン・ヒリアー)は、2019年7月6日(土)に、公益財団法人 鎮守の森のプロジェクト主催「植樹&育樹祭2019 in 岩沼市」 に参加。同社社長をはじめとする社員有志で宮城県・二野倉公園の植樹・育樹活動を行った。

企業理念に自然保護やコミュニティへの貢献を掲げるティンバーランドは、これまでCSR活動に精力的に取り組んでおり、様々な社会貢献活動や環境保全活動を積極的に行うために、社員のボランティア活動への参加を推奨、社員一人あたり40時間のボランティア活動を有給扱いとする社内制度である「パス・オブ・サービス(社会貢献への道)」プログラムを推進。今回の植樹祭への参加も、そうした活動の一環だという。

今回の取り組みに関して、代表取締役社長のショーン・ヒリアー氏は「この活動に参加できたことをとても嬉しく思っています。ティンバーランドは、長年にわたってより良い環境やコミュニティの実現のために活動してきました。今回のボランティア活動がこのプロジェクトの成功につながる事を願っています」と語っている。

Timberland CSR活動

-CULTURE
-,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.