CULTURE

週末名画座 第1回 『ラヂオの時間』ラジオとリスナーの関係

更新日:

金曜日、その週を思い返すのにピッタリな映画を提案する、『週末名画座』。仕事終わりの深夜、うとうとしはじめた頃が上映時間です。

『ラヂオの時間』(制作年:1997年/監督:三谷幸喜)

引用元: https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00H7NDL7W

今週の一大トピックスといえば、何と言っても南海キャンディーズ・山里亮太さんと蒼井優さんの入籍発表。新聞にすっぱ抜かれた結果となったけれど、そもそもは水曜日の深夜に山里さんが担当しているTBSラジオ『 JUNK 山里亮太の不毛な議論』で、ラジオリスナーへ1番に報告をする予定だったらしい。
それを証明するように、結婚発表後にあったラジオの生放送の終盤、涙ながらにラジオリスナーへの感謝を語っていた。(応援に駆け付けたが酔っ払っててベロベロの相方・しずちゃんと、ゲストのaikoももらい泣きし、ブース内の全員が号泣している写真はSNSでも話題になった。)それだけ彼の中ではラジオと、ラジオリスナーの存在が大きいのだろう。

さて、そんななか紹介するのは『ラヂオの時間』という、三谷幸喜監督の初監督映画。そもそもは三谷監督がドラマ用に書いた脚本が知らない間に書き換えられていた、というエピソードから着想を得ているそう。

引用元: https://pc.video.dmkt-sp.jp/ti/10006320

ストーリーは主人公の主婦が書いた脚本が入選し、ラジオドラマに起用されることから始まる。しかし番組に揃ったのは曲者揃いのラジオ・スターばかり。彼らに翻弄されどんどん加筆・修正されていく脚本と、必死に本筋へ戻そうとする主人公とディレクター陣の拮抗が繰り広げられていくというのが大筋。 ラジオのブースという狭い空間で、大人たちがバタバタするという三谷監督のエッセンスが詰まった作品だ。 けれど今週この映画を観るようであれば、放送を聴いているトラック運転手(映画では渡辺謙が演じている)の役にも注目してほしい。

「なんだこりゃ」「おい!どうなってんだ!」「聴くのやめようかな」「いやでも…気になる」「うおおお」「がんばれ!」「泣けるじゃねえか…」トラックの運転席に一人で座り、車を飛ばしながらラジオを聴いている彼に自分を重ねるラジオリスナーは多いはずだ。ラジオ番組ではなくラジオドラマという違いこそあれど、放送にヤジを飛ばし、共感し、飽き、それでも聴き続けて、ラジオの向こう側の見えないけど聴こえる誰かを応援している。

引用元:https://itunes.apple.com/jp/movie/%E3%83%A9%E3%83%82%E3%82%AA%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93/id724593870

ラジオというのは不思議なメディアだなあと思う。映像ではないから目には見えないし、どんな顔でしゃべっているかすらわからない。けれど、時に目に見える以上に真に迫る感動や、爆笑がある。それはきっとパーソナリティや制作サイドが、目には見えないけれど真摯におもしろさや、番組作りに向き合っているからなのだろうとこの映画を観て改めて実感する。 作る人と聴く人、共にあってこそのラジオなのだと。山里さんもその真摯で卑屈で、けどとてもやさしい姿勢があったからこそ、リスナーとの信頼関係が成立していったし、だからこその涙があったのだろう。

引用元:https://ttcg.jp/movie/0573400.html

さて、いまさらだけれど、ラジオは普段あまり聴かないという人にももちろんおもしろい映画なのは念押ししておきたい。ラジオの魅力ってなんなのか? 耳で聴くだけなのに、何がおもしろいのか? イマイチ分からないなあと思っている人が、ラジオに興味を持つきっかけになる映画でもあるはず。なぜって、これを見てからラジオを聴くと、自然とブースの中の様子を想像してしまうようになる(はず)だから。「あ、いまバタバタしているかもな」、「この笑い声が個性的なディレクターはどんなやつだろうな」、「今日の収録は落ち着いてるな」…そんなことを考えながら耳を澄まし始めたら、あなたも立派なラジオリスナー。

dTV: https://pc.video.dmkt-sp.jp/ti/10006320
amazon: https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B01DBR47AM
Google Play: https://play.google.com/store/movies/details?id=NBQeBWkvc_w

Text:ヤマグチナナコ

-CULTURE
-, , ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.