CULTURE

日本では23年ぶりの開催。作品106点を展示する 「ロバート・フランク展」が6/29スタート

投稿日:

ロバート・フランク展

2019年6月29日(土)から9月23日(月・祝)まで山梨県北杜市の清里フォトアートミュージアムで「ロバート・フランク展 - もう一度、写真の話をしないか。」が開催される。

ロバート・フランク(Robert Frank/1924年 スイス生まれ)は世界で最も重要な写真家の一人で、代表作となる写真集『アメリカ人』(1958年)は現在も世界的に高い評価を得ている。また、写真展の開催が少ないことからも“伝説の写真家”と称されている人物だ。今回の企画展では、同館の収蔵作品からこれまで写真集に掲載しなかった未発表作品を含め、全106点が一挙に展示される。日本での大規模個展開催はじつに23年ぶり。貴重な機会をお見逃しなく。

ロバート・フランク展
ロバート・フランク展
ロバート・フランク展

ロバート・フランク展 - もう一度、写真の話をしないか。
◾️会期/2019年6月29日(土)~9月23日(月・祝)
◾️休館日/毎週火曜日、7月・8月は無休
◾️会場/清里フォトアートミュージアム 山梨県北杜市高根町清里3545−1222
◾️開館時間/10:00~18:00(入館は17:30まで)
◾️入館料/一般800円 大学生600円 中・高生400円

-CULTURE
-, ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.