ART

暮らしを彩る温もりのガラス陶芸「奥田康夫 ガラスの器展」

投稿日:

「奥田康夫 ガラスの器展」が2019年7月26日(金)からイデーショップ 日本橋店にて開催されている。

奥田康夫氏は東京藝術大学で陶芸を、同大学院でガラス造形を学び、現在はガラス陶芸家として活動。陶器の型でガラスを熔かし変形させるという陶芸出身ならではの独自の技法で作られるガラスの器は、奥田氏独自の表現方法として確立されている。

雲皿 5,940円(税込)

本展では、日常使いのお皿やボウル、カップをはじめ、壁掛けオブジェの作品を含む約300点を展示・販売。 今回は、これまでの「海」や「植物」をモチーフにした作品に加えて、新たに「空」をイメージした作品が加わった。自然界から着想を得たデザインと自身の感覚を混ぜ合わせた表現にはあたたかみがあり、柔らかく光を透過するガラスの器たちは、ひとつ取り入れるだけで暮らしに彩りを添えてくれることだろう。

アサガオ鉢 7,020円(税込)
星河鉢 8,640円(税込)

■会期/2019年7月26日(金)~8月26日(月)
■開催店舗/イデーショップ 日本橋店
■住所/東京都中央区日本橋室町1-5-5 コレド室町3 3F
 https://www.idee.co.jp/shop/nih/
■作家在店日/期間中の毎週金曜日・土曜日・日曜日(いずれも午後)

-ART
-, ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.