ART

オリンピックイヤーに海外へ発信したい“令和な日本のデザイン”を募集

投稿日:

一般社団法人 日本DESIGN BANKが、2020年4月に開催される世界最大規模のインテリアデザインの祭典「Milan Design Week」(以下 ミラノデザインウィーク2020)への出展作品の募集を始める。

新元号を迎えて最初のテーマは『日本をアップデート-体感と共有-』。日本の“今まで”と“これから”を考え、海外からみる日本のイメージをアップデートできるような作品からグランプリを選ぶ。受賞者は「ミラノデザインウィーク2020」へ招待され、その目で自分の作品がミラノに並ぶ光景を見ることができる。

今回の募集は、才能あふれる次世代の日本人クリエイター達が “日本のデザイン”を世界へ発信できる場として、2016年よりミラノデザインウィークへの出展を支援し続けている「bud brandプロジェクト」によるもの。 2019年は日本の学生・職人・地域支援に貢献するクリエイターらの13作品を出展している。

■募集要項
・オブジェクトテーマ/『日本をアップデート -体感と共有-』
・応募期日/2019年7月〜9月30日(月)
・結果発表/2019年10月中 ※予定

■応募資格
・必須条件/デザインが好きであること
《一般》デザイン・建築・プロダクト・グラフィック等を職としている社会人であること
《学生》デザイン・建築・プロダクト・グラフィック等を専攻している学生であること

■詳細/http://www.bud-brand.com/

■参加特典
・グランプリ/ミラノデザインウィーク2020に作者を招待(東京⇔ミラノ)+受賞作品の出展
・準グランプリ/ミラノデザインウィーク2020に作品のみ出展
・奨励賞/ミラノデザインウィーク2020に作品のみ出展

-ART
-,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.