ART

日本初のラテン・コンテンポラリーアート専門「DKARTE gallery」が東日本橋にオープン

投稿日:

DKARTE gallery_Federico Uribeの作品_animal3

~東京を拠点にラテンとアジアをアートで結ぶ~
そんなコンセプトで2019年4月に東京・東日本橋にオープンした「DKARTE gallery(デカルテ・ギャラリー)」は、日本初となるラテン・コンテンポラリーアート専門のギャラリー。現在同ギャラリーでは、いま注目のラテンアーティストたちの作品を一堂に展示する企画展が開催中だ。

ギャラリーでは、コロンビアのFederico Uribe(フェデリコ・ウリベ)やNadin Ospina(ナディン・オスピナ)、アルゼンチンのGerardo Feldstein(ヘラルド・フェルドステイン)など、日本ではなかなか目にする機会のないアーティストたちの作品が数多く展示されている。

DKARTE gallery_Federico Uribeの作品_animal2

Federico Uribeは日常にあふれるさまざまなものを利用して印象的な作品を制作するアーティスト。
DKARTE gallery_Federico Uribeの作品_animal2
薬莢を用いた作品も多く手掛けるFederico。内線終了後も国内の混乱が続くコロンビアの実情を暗に示した作品ともいえる。

DKARTE gallery
■所在地/東京都中央区東日本橋三丁目4番6号
■TEL/070-4371-6394
■URL/ www.dkarte.co

-ART
-, , , ,

Copyright© CUCUMBER MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.