Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ROLLERmagazine特選!R’s Flavor「LANGLITZ LEATHERS」

ROLLERmagazine特選!R’s Flavor「LANGLITZ LEATHERS」

LANGLITZ LEATHERSから至高のジャケットとチェーンウォレットが到着!

 至高のレザーブランド、LANGLITZ LEATHERSの新作はゴートスキンを用いたライニングなしのシャツジャケットと、しばらくラインナップから外れていたチェーンウォレット。レザージャケットは1950年代中頃のデザインであり、ギザギザの切りっぱなしの裁断面や警察犬のワッペンなど、当時の遊び心を随所に採用。これからのサマーシーズンに活躍すること間違い無し。ヤギ革の柔らかい質感を直に楽しむことができる仕上がりになっている。

 そしてもう1品は、LANGLITZ LEATHERSが自社生産にて復活させたチェーンウォレット。財布はそれこそ毎日肌身離さず持ち歩くものだけに、素材のクオリティや機能性、使い勝手が厳しく問われるアイテムのひとつ。その点LANGLITZなら無問題。70年に渡り培われた経験や技術によって造られる財布は持ち主のライフスタイルを豊かに彩ってくれること間違い無し。ウエアや小物類はバイクとともにモーターサイクルカルチャーを形成する重要なエッセンスのひとつ。違いのわかる男にこそLANGLITZ LEATHERSは欠かせない。

GOATSKIN K9/
サマーライディングに対応したゴートスキン(ヤギ革)のシャツジャケット。1950年代中期に制作されたCRESCENTの原型モデル。

左肩には警察犬を示すK9の文字とともに犬のワッペンを採用するほか、脇の下には9つのアイレットを配置。そしてこのアイテムの一番の特徴はラシャバサミによるギザギザの裁断面。このジャケットはLANGLITZ社に保管されているオリジナル。

CHAIN WALLET/
かつてBIKERS WALLETという商品名でリリースされしばらく製品リストから外れていたアイテムが、LANGLITZの自社工場生産により復活。レザーはもちろん、メタルパーツやステッチなど豊富な選択肢も魅力。

スナップボタンを開くと以前はエンボスになっていたLANGLITZ LEATHERSのロゴがタグにアップデート。レザージャケットに使用している厚手のカウハイドを用いたウォレットはブラックとブラウンの2色展開。

PHOTO:Yasuhiro Yokosawa
MEDIA:ROLLER vol.25